アンフィニ社会保険労務士

同一労働同一賃金が中小企業にも

令和3年4月1日からいよいよ、中小企業にも同一労働同一賃金の法律(パート・有期法(略))が適用されます。均等待遇と均衡待遇が焦点となり、正社員とパートや有期雇用労働者の間で、不合理な労働条件がないかを確認する点検が必要となってきます。同じ職種において仕事の能力や責任の重さ、転勤の可否などで賃金に差がつくのよいけれど、それらとは関係のないことつまり、通勤手当や皆勤手当などで差をつけるのは不合理という判決が出ております。まずはこちらで自社の点検を是非、やってみてください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_03984.html